学校紹介

- School introduction -

学校概要

教育理念

人間愛・自己実現

当校では、一人ひとりの学生が人間愛の精神に基づき、対象者を深く理解し、受け入れ、そのために必要な専門的知識・技術・態度を身につけることができるような人材育成を目指します。

さらに、専門的な知識・技術の追求のみならず、一生を通じて人格向上の努力を続け、自己実現していけるような人を育てていきます。

学校長挨拶

学校長 興津 貴則

下関看護リハビリテーション学校は理学療法士と看護師を育て、社会に貢献できる人材を世に送り出すところです。

脳卒中、心疾患、骨折などの障害を乗り越えようとする方々のからだと心の支えになる為に、急速に進歩する現代医療の知識を頭に入れ、日々の修練によって技術を磨き、温かい愛のある心を育てなければなりません。

そのためにはまず自分自身の姿勢を正して自立する意思を強くし、人に対して正面を向き手を差し伸べて協力し、社会全体を見渡して広くたくさんの人を見守る心が大切です。

ゆりかごから後期高齢者までたくさんの人がリハビリテーションを必要としています。自分がとれだけ社会に貢献できるか挑戦し続ける学生に本校の教職員が誠心誠意指導します。

啐啄同機、学ぶ意志と教える意志が充実する熱意あふれる学校です。

学校法人 福岡保健学院

共通コンセプト

「つどい、つむぎ、つながる」つながるチカラ
~カマチグループ~

つ ど い:
「看護師」「助産師」「セラピスト」を目指す学生が、福岡保健学院に集う。
つ む ぎ:
根気強く、そして一生懸命に学び、絹のように丈夫で美しい未来を作り出してほしい。そして、未来を紡ぐのが学生ならば、保健学院はその糸の原料となる繭になりたいという想いを表わしています。
つながる:
カマチグループの各病院に入職した際の繋がりや医療人としての繋がり、地域住民、保護者等との幅広い繋がりを表わしています。

ロゴマークの由来

ロゴマークは、福岡保健学院創設者である「蒲池真澄」の「K」をモチーフにしています。

また医療従事者の養成所という福岡保健学院の使命から「健康」「教育」の「K」という意味もあります。

「K」を取り巻く「円」は、大地や基盤をあらわし、人と人との輪(和)をイメージしています。この円に、人と人との和を基盤にした地域に貢献できる医療従事者を育成するという思いを込めています。

また「K」の文字デザインは、大地にそびえるタワー(信念)に、鳥(結果)が寄ってくるイメージです。

学生が自分の夢である医療従事者になるという強い「信念」をもち日々学習を実践していくことで、最終的な「結果」としてあらゆる困難を乗り越え、自分の理想の看護師、助産師、理学療法士、作業療法士になるという、ロゴマークの意味を表現しています。

学校概要

学校名 学校法人 福岡保健学院 下関看護リハビリテーション学校
所在地 山口県下関市竹崎3丁目4番17号
電話番号/FAX番号 083-222-0606 / 083-222-8906
メールアドレス info@shimonoseki-reha.jp
ホームページ http://www.shimonoseki-reha.jp/
交通アクセス

【電車でお越しの方】

  • JR下関駅下車/西口より徒歩約5分
  • JR小倉駅よりJR下関駅まで約15分

【車でお越しの方】

  • 中国自動車道 下関ICより約15分

アクセス

周辺マップ

周辺マップ
①【和食処】 楓
シーモール4F みんなでくつろげる和食屋さん。
②【たこ焼き】 かめや
下関で知らない人はいません!「たこそば」がオススメ。
③【カフェ】 Cafe COM
タコライス、プレートランチが絶品。
④【炉端焼き】 まんなおし
安くておいしい炉端焼きの人気店。
⑤【パン屋】 ブーランジェリーぎんや
学校から歩いてすぐの有名なパン屋さん。
⑥【焼き肉】 ばか盛屋
数多くある焼肉屋さんの中でもオススメの焼肉屋さん。
⑦【居酒屋】 ドンちゃん
落ち着いた雰囲気で、料理も美味しい居酒屋さん。
⑧【焼き肉】 やすもり焼肉本店
下関名物韓国焼肉の老舗。
⑩【カラオケ】 デュエット2
駅から近く、安くてゆったりくつろげるお店。
⑪【海峡バイキング】 シ-ガーデン
ランチ、ディナーのバイキングレストラン。