理学療法学科

- Department of Physical Therapy -

卒業生の活躍

様々な場面で躍できるジェネラリストを目指します!

卒業生写真

下関リハビリテーション病院勤務
(2015年度卒業生)

私が理学療法士になりたいと思ったのは、高校時代に部活動で足を怪我しリハビリを始めたのがきっかけでした。卒業後は専門学校へ入学し、先生や先輩方にサポートしていただき理学療法士になる事が出来ました。

就職してからは、病院の業務だけではなく部活動サポートや地域に密着した活動など様々な取り組みにも参加しています。特に部活動サポートでは、自分の経験を活かし身体・精神面ともにサポートする事ができ、とてもやりがいを感じています。今後も心と体のケアができる優しい理学療法士を目指して更に頑張っていきます。

地域に貢献し頼される理学療法士を目指します!

卒業生写真

下関市立市民病院勤務
(2018年度卒業生)

私は地域に貢献したいという思いから、地元の病院へ就職しました。目標にしているのは、様々な疾患に対応できるオールラウンダーな理学療法士です。手術前後の不安な気持ちを笑顔にできることは、大きなやりがいです。この仕事の特徴は、患者様と過ごす時間が長いこと。自分の考えたリハビリのメニューで、患者さんの回復を一緒に感じられて、一緒に喜ぶことができる。その瞬間に立ち会える感動が、モチベーションにつながることです。

在学中は、クラスみんなが仲よく、一緒に夢を追いかけていろんなことに取り組み、とても安心感のある学校生活を送ることが出来ました。この出逢いと経験は、今も大切な宝となり、理学療法士として患者様に寄り添う今の姿勢にもつながっています。

目指すところは、患者様の

卒業生写真

しん整形外科リハビリテーション&スポーツクリニック勤務
(2014年度卒業生)

理学療法の道に進んだきっかけは高校の時の怪我です。当時通院した病院ではスポーツ理学療法が充足しておらず、満足な治療を受けることができませんでした。

現在の職場は、スポーツ分野を学びたいと担任の先生に相談し、紹介してもらいました。実際の現場を自分の目で確かめ、ここならば必ずスポーツ理学療法が学べると思い就職しました。

仕事内容は外来診療のみの為、必ずその時間内で結果を出すことが求められます。学生やアスリートに対する理学療法も同様で、メニューは違いますが目指すところは患者様の笑顔です。スポーツ理学療法は難しい部分もありますがだからこその楽しみもあり、充実した毎日を過ごしています。

とても充実した生を送っています

卒業生写真

大分こども療育センター勤務
(2013年度卒業生)

理学療法士になる為には沢山の分野を勉強します。不安や大変な事もありましたが先生や仲間達に助けられ、本校でしっかりとした知識や技術を学ぶ事が出来ました。

私は子供と関わる職場で働きたいと考えており、今の職場へ就職しました。成長に遅れのある子供達に対して一人一人の性格や個性を考え、親御さんと一緒に子どもの成長を手助けしていきます。

苦労もありますが、急に上手に歩きだすなど子供の成長にはいつも驚かされます。なにより、間近で子供の明るい笑顔や親御さんの嬉しそうな顔を見られた時、とてもやりがいを感じます。小児分野の理学療法士として、今、とても充実した人生を送っています。